通販専用の衣料品のピッキング作業

大手衣料品販売店が通販用に販売している商品を、専用の倉庫の中で個別の顧客ごとに注文された商品を一つにまとめるというバイトをしました。倉庫に入り社員の方に案内を受けましたが、あまりの広さと種類の多さに圧倒されました。

種類に関しては専用の携帯電話のような端末にどこにあるのか表示が出るので、ロケーションの場所を地図と照らし合わせて行けばいいと言われ、全種類を覚える必要がないので安心しました。

しかし倉庫というのは階が違っても全く同じ造りである場合が多く、慣れていない者にとっては自分がどこにいるのか分からなくなるのが頻繁に起こりました。

その度に慣れている人から笑われ、恥ずかしい思いをしたのを覚えています。それでも慣れてくれば体が自然と動くようになり、そうすると商品をゆっくり見るという余裕も出てきました。

そこでこの仕事をして良かったと思ったのは、通販商品は店舗に売り出される前の商品もあり、まだ人の目にさらされていない商品をじっくりと間近で見られるということでした。

衣料品に興味がない人でもまだ出回っていない新商品を見るというのはワクワクするものです。衣料品に対して特に興味を持っている人には夢のような仕事かもしれません。